仕事探しで活用したもの

応募前

今回の「ちょっとは役に立つかも。」はこちらです。

ちょっとは役に立つかも。
  • 仕事探しはネットがおすすめ
  • いろいろな求人サイト
  • セミナーやカウンセリングは早めに行動

仕事探しをする際、昔は新聞の折り込みやフリーペーパーを見ることぐらいしかしていませんでした。ですが、私は20代後半くらいからパソコンでネットを利用するようになり、30代で仕事探しでもネットを利用するようになりました。

仕事探しで積極的に活用したもの

30代半ばくらいから仕事探しでもネットを積極的に活用するようになりました。

フリーペーパーもネット版をよく見るようになりました。普段見るのと違った地域の求人も見ることができるので、得られる情報の範囲が広くなりました。また、個人ブログや転職サイトでは仕事探し経験談を見つけることができましたし、それ以外にも就職支援情報等、仕事探しに関する情報も見つけられたので、通常の仕事探しに並行してネットも活用するというのはおすすめです。また、これから仕事探しを始めようと考えているならまずネットで調べてみることから始めるのがいいと思います。

私が活用したものですが、具体的に紹介したいと思います。

求人を探す際に利用したもの

この10年くらいの間で求人を探す際に私がよく利用したのは、主に以下の二つでした。

・ハローワークインターネットサービス
・求人サイト

ハローワークインターネットサービス


ネットのハローワークは検索を家で行い、応募する際には実際にハローワークへ行き紹介状をもらって応募という利用方法でした。

求人サイト

求人サイトは検索と応募の両方が家にいながらできるのでとても便利でした。フリーペーパーも利用しましたが、応募はそのネット版である求人サイトを利用していました。

私が利用した求人サイトはどれも無料で利用できるものでしたが、有料で利用するものもあるようです。そのためどのようなサイトなのかは要確認です。

求人サイトを利用してみて良かったと思うところをいくつか挙げるとこんな感じになると思います。

アルバイト向け正社員向けなど特徴がある

求人サイトは正社員採用向けのいわゆる転職サイトやアルバイト採用向けなどそれぞれ特徴があります。

私は正社員採用を希望していた時には転職サイトに登録、アルバイト採用希望の時はアルバイトの求人をメインに扱っているサイトに登録というように使い分けていました。ただ、必ずしも分かれているとは限らず、アルバイトメインでも正社員も募集している場合もあるので求人欄をよく見てみるといいと思います。

最近ではアルバイト、正社員という分け方ではなく、特定の分野に特化した求人を扱っているサイトもあり求人を探すのにより便利になったのではないかと思います。

ノウハウやQ&Aもある場合がある

求人サイトには求人情報、企業情報だけでなく求職活動に関するQ&Aなど仕事探しに関する様々な情報があるサイトもあります。私が利用したサイトもそうした情報がありました。それを参考にして解決できた疑問もあり求人サイトはとても重宝しました。

離れた場所の求人も探せる

私が利用したサイトは全国の求人が探せたので、ちょっと離れた場所に勤務したいときや近くに希望する求人がなく範囲を広げたい場合にも使えたのでとても便利でした。

オファー制度があるところもある

企業が気になった登録者にその旨を送るオファー制度があるところがあります。実際にオファーをもらい面接していただいた企業もありました。オファーをもらって嬉しかったですし、仕事探しを頑張るモチベーションにつながりました。

ハローワークも含め活用できる求人サイトはいろいろとありました。

仕事探しを通して活用したもの

具体的に求人を探したり応募したりしたのは上記のようにハローワークや求人サイトでした。仕事探しに活用できるものとして、それ以外にもセミナーやカウンセリングなど就職支援を行っている場所があります。それらを受ける際は実際にその場所へ行くことになりますが、そうした場所があることを知ったのはネットでした。いろいろ情報を調べてから私も利用するようになりました。例えば東京だと東京しごとセンターやしごとセンター多摩というところで、他県でもハローワークと県が協力して同じような支援を行っているようです。

こちらは求人もありましたが、求職において必要な情報を得ること・意見をもらうことを主な目的として利用しました。そこはハローワークと同様にまずは登録するところから始まります。他の求職者もいるので「ほかの人も頑張っているから自分も頑張ろう」と励みにもなりました。活用したのは具体的には以下の二つです。

少人数のセミナー

セミナーは若者向けや女性の再就職などターゲットとなる年代やテーマがある場合があるので確認は必要になりますが、いくつか参加しました。今でも覚えていることもあり、実際、職務経歴書を書く際や面接を受ける際の参考になっています。また、求職活動は孤独になりがちなので情報を得ながら人と接することもできたのでとても有意義でした。

個別カウンセリング

この時は応募の際の志望動機や職務経歴書の経歴文の添削もしてもらいました。添削と言っても目を通してもらって意味が通らないところや分かり辛いところがないかの確認程度でしたが、率直な意見をもらうことができとても重宝しました。志望動機が長すぎるということや字が小さいということもこの時に何回か言われ、だんだんとそれらの事を意識するようになりました。

ちなみに添削してもらう機会ですが、ハローワークでも同じように、求人に応募する際には受付の人にしてもらっていました。一人で書いて一人で読んでというだけだと、なかなか改善までには至らなかったと思います。最終確認で目を通してもらうくらいの感覚で良いと思います。

カウンセリング・ハローワークどちらにしても貴重な時間なのでそれなりに準備をするなど自分で積極的に行動するようにしていました。

気を付けたい事

少人数セミナーや個別カウンセリングは予約制で参加できる人数に限りあるので注意が必要です。セミナーを見つけるのが遅く予約を取ろうとしたときにはすでに満席だったり、予約のための連絡が希望する日時の間際で締め切られていたことがありました。希望するセミナーを見つけたら早めに行動するのがポイントです。

ちょっとは役に立つかも。
  • 仕事探しはネットがおすすめ
  • いろいろな求人サイト
  • セミナーやカウンセリングは早めに行動

広告