履歴書を書く

応募前

今回の「ちょっとは役に立つかも。」はこちらです。

ちょっとは役に立つかも。
  • 入退社の一覧を作成
  • アルバイトも職歴として記入
  • 欄が足りない時は工夫で対応
  • 退職理由はサラッと、大切なのはこれからの事
  • 履歴書も無駄にしないように工夫

履歴書を書いた時のことを書きたいと思います。

履歴書を書く前に

履歴書に学歴と職歴を記載しますが、30代40代で気を付けるようになった点が2点ありました。


・入退社の年月日の整理
・西暦か元号かの統一

入退社年月日の整理

ある程度の年齢になってくると昔の事が不鮮明になってきます。特に職歴が多いと思い出す作業も多く負担になるので、一度、入退社の年月日の一覧表を作りました。西暦何年の何月・自分が何歳の時にどこの職場だったかというのをすべて書きました。記憶だけだとあまり正確に思いさせなかったので、当時の書類など見ながら作成しました。これが結構大変でしたが、以降このことに関しては考えなくてよくなったので、特に職歴が多い方は一度作成してしまうのがいいかと思います。

西暦か元号かの統一

私は西暦で統一しました。というのも30代40代となると学歴と職歴で元号がいくつか入り、面接時などで自己紹介する際に紛らわしくなってしまうため、わかりやすく西暦に統一にしました。

悩んだ点と対処法

私の場合、アルバイトも含めて職歴が多かったので、職歴を書く際にいくつか悩んだ点がありました。

・アルバイトを職歴に入れるか
・欄が足りない
・退職理由

これらについては以下のように対処しました。

アルバイトを職歴に入れるか

高校生時代などの大昔のものは除きアルバイトも職歴に入れました。

アルバイトは職歴に入れなくてよいという人もいると思いますし、以前職業相談で相談した際も保険等に入っていなかったのなら書かなくてよいともいわれました。

ですが面接時には口頭で説明できるとは言え書類では空白の期間としてみなされてしまう可能性もあり嫌でしたし、アルバイトであっても仕事でありきちんと取り組んできたのでその主張も込め記載していました。

欄が足りない

アルバイトや職業訓練も含め、入社で一行、退社で一行で書いていました。ですが次第に履歴書の職歴欄が足りなくなりました。その時は、職歴欄のあとの「免許・資格」欄のそれらの文字に二重線を引きその欄に職歴の続きを記入しました。

それでも書ききれなくなったときは、アルバイトに限っては一行の中で「○○年3月~○○年10月」のように年月日のところで入社と退社を表示し、工夫することで対処しました。手書きなのでかなり時間はかかりましたが修正液は使わずに書きました。

退職理由

履歴書にはほぼすべて一身上の都合で退社としました。ただ、書くのはこれで終わりなのですが、面接に進むとおそらく質問されるので、この段階で考えておくようにしました。

実際の退職理由ですが、それぞれの職場で一つというわけではなくいくつかありました。面接で尋ねられた際は話せる範囲で話しました。

中には退職理由が前向きでないこともありました。話しにくい内容だとは思いますが、私の場合は具体的な事柄にはあまり触れず、「仕事自体は面白く本当はもっと働きたかったけれども」という意欲を表し、「採用後はその分まで頑張る」といったニュアンスでサラッと言うようにして言い方を工夫しました。退職理由は一応は質問されますが、こちらが答えた後それ以上深く突っ込まれることはなかった気がします。

履歴書を書く時の工夫

履歴書は手書き用の物を使用していました。ネットで応募した企業も多いですが、履歴書は後日改めて提出する流れだったので毎回時間はかかりました。そのため、なるべく要領よく無駄なく書けるように工夫をしました。

まず履歴書ですが、なるべく同じ要領で書けるように100円ショップで売っているA4サイズの手書き用の同じ履歴書で統一しました。

さらに、練習と確認ができるように記入前の履歴書のコピーをとり、そのコピーの方に鉛筆やシャーペンで書くようにしました。

そして内容が固まり分量が定まってから清書するというようにしました。

使用する履歴書を統一し、練習はコピーでする、という工夫をすることによって、同じ要領で何回も書く練習ができたので、書くことに不安がある人におすすめです。

最後に

履歴書を書くにあたっては、一番最初に書いたように一覧を作ると流れが把握できるので、まずはそこから始めることをおすすめします。


ちょっとは役に立つかも。
  • 入退社の一覧を作成
  • アルバイトも職歴として記入
  • 欄が足りない時は工夫で対応
  • 退職理由はサラッと、大切なのはこれからの事
  • 履歴書も無駄にしないように工夫

広告